マイページ(登録内容変更/購入履歴確認)
  九州アスリート食品からのニュース
  セキュリティなどに関する大切なお知らせ
  メニュー
  会員制度・ご注文について
  会員制度について
  ID・パスワードについて
  ご注文方法について
  お支払い方法について
  送料について
  商品のお届けについて
  定期コースのご案内とお申込
  商品について
  商品の配達状況の確認
  返品・交換について
  各商品のお声のご紹介
  お客様サポート
  よくあるご質問
  メールマガジンのお申込み
  ×メニューを閉じる



この言葉を載せるのには、勇気がいりました。
なぜならこの言葉、私が会社を設立当初によくイメージしていた言葉だから。その頃の自分(8年前)は、やっぱり今 考えると、色んな事がよくわかっていませんでした(未熟でした)。だから、この言葉を発していたんだな、と ここ4年ぐらいは思っていました。ある意味「なるようになる」ぐらいな余裕な気持ちも必要なんだな、と。

それをわからずに、闇雲に「なるようになる、なんて大っ嫌い!」と言っていた私って、相当、未熟だったんだな(今でも)−、と思っておりました。

しかし最近、この言葉を また受け入れ始めた自分がいました。
ある意味「なるようになる」と思えるぐらいの余裕を持ちながらも、やっぱり日本を動かすような大きな価値を皆様にお届けしていく為には、「なるようになる、なんて言葉は、大っ嫌い!!」でいいんだな、と。

設立当初、時空をねじまげようとした事もありました。なかったものをあるようにする、できない事をできるようにする、それで大変だった事も多かったのですが、今、改めて考えると・・・

やっぱり「仕方ない」事もある。「できない」事もある。でも、やっぱり「できるんじゃない!?」、「いけるんじゃないっ!!」「どうにかなるでしょ!!」という意志の力を持ち、ダメだったとしてもOKまで持っていく!という意志が必要である、と実感しています。日本を動かすような価値をご提供する!と決めているからには、その気持ちなくして、できない。そう思っています。

だからこそ、この2月の詩は、取り扱いが難しいのかも知れませんが、この考えが何かを成す為には、絶対必要だと考えながら掲載させてもらいました。取り扱いが難しい部分もありますが、必要な方に使ってもらえれば、と思っております。

では、今年ももう2月です。日本を動かす価値を、どんどん作って参ります。意志の力で!!!